女子中学生が800m2分30秒切りに必要な練習は?2分半切りにおすすめスパイク7選!

スポンサーリンク
800m
アフィリエイト広告を利用しています。

トラックシーズンでは800mで記録を狙いたいランナーも数多くいることでしょう。そこで今回は女子中学生が800mで2分30秒切りを達成するために必要なトレーニングについて解説します。

おすすめのスパイクも一緒に紹介するので、800mで自己ベストを狙いたい方はぜひ参考にしてください。

悩み,疑問

・800m2分30秒切りには何が必要?
・800mにおすすめのスパイクは?
・どんなトレーニングが必要?

この記事でわかること

・800m2分30秒切りに必要なトレーニング
・具体的なトレーニング内容
・1500mにおすすめのスパイク

記事の執筆者
大学まで箱根駅伝常連校で競技を続け、現在はクラブチームでプレイングコーチとして活動。
20年以上の競技歴で培った知識を基に解説します。
あおすけ
あおすけ

800m2分30秒切りには何が必要?

スポンサーリンク

800mとは?

800m走は400mトラック2周を走る陸上競技です。中学生以上では中距離種目に分類されます。長距離ランナーがスピードトレーニングの一環として走ることも珍しくありません。

800mで自己ベストを狙うことは、1500mや5000mの自己ベスト更新に直結するため、中長距離用ランナーにとって非常に大切な種目といえます。

あおすけ
あおすけ

800m2分30秒切りは長距離ランナーの登竜門!

 

スポンサーリンク

800mを走るために必要なトレーニング

800m走で2分30秒切りを達成するためには1kmあたり3’08”、400mあたり1’15”で走る必要があります。100mあたり19秒のペースなのでペース自体も非常に速く、800m継続するためにはトレーニングが必要です。

800mはスピードと体力の両方が求められる種目であるため、スピードトレーニングとスタミナトレーニングの両方をバランスよく行う必要があります。

スピードトレーニングに偏ってしまうと2週目に大きく失速してしまいますし、スタミナトレーニングに偏ってしまうとスピードについていけません。トレーニングのバランスと個人の得意不得意を踏まえて効率よくトレーニングを組み立てましょう。

あおすけ
あおすけ

どんなトレーニングが必要?

ロングジョグ

50〜60分ジョグ 6’00”〜5’30”/km

ロングジョグは長距離ランナーの最も大切な基礎トレーニングのひとつです。ゆったりとしたペースで長時間ランニングを続けます。1週間に1〜2回取り入れましょう。

ポイントはゆったりとしたペースでもフォームを崩さずに走ることです。レースペースにできる限り近いフォームでロングジョグを行うことが大切です。ロングジョグについて詳しく解説しているので参考にしてください。

ペース走

4〜6km 4’00”〜3’50”

ペース走は、レースペースよりも遅いペースでレースよりも長い距離を走りましょう。レースよりも長い距離のトレーニングを行うことで、距離に対する不安を払拭します。

ペース走を行うことでレース後半の失速も予防できます。苦しくなってもペースを落とさないトレーニングにもなります。週に1回程度取り入れましょう。ペース走について詳しく解説しているので参考にしてください。

インターバル

400m5〜7本 78”〜76”
リカバリー200mジョグ 60”以内

インターバルは、レースペースに近いペースで行うことが重要です。スピードに体を慣らす狙いがあり、レース本番で余裕を持って走れるようになります。

ポイントは400mのペースアップよりも、リカバリーの200mジョグです。リカバリーでペースを落としすぎないことが大切です。60秒を超えないように注意しましょう。週に1回程度取り入れましょう。インターバルについて詳しく解説しているので参考にしてください。

レペティション

1000m×2〜3本 3’40”〜3’30”
セット間5分

レペティションはセット間を大きく設けて一本一本集中して走るトレーニングです。レースペースに近いペースで走り続けることを意識しましょう。

全力に近いペースになるため本数を重ねるごとに大きな負荷がかかります。苦しくなってもレースペースを超えないように頑張るトレーニングです。レペティションについて詳しく解説しているので参考にしてください。

 

スポンサーリンク

スパイク選びが重要

800mで記録を伸ばすためにはランニングトレーニングが最も大切ですが、スパイク選びも非常に重要です。どのスパイクを使用するのかによってゴールタイムも大きく変わってきます。

800m用のスパイクは各メーカーから発売されているため、それぞれの特徴を理解してお気に入りのスパイクを選びましょう。

あおすけ
あおすけ

スパイク選びでタイムも大きく変わる!

 

スポンサーリンク

800mにおすすめのスパイク

800mは中距離種目に位置するため、中距離型のスパイクを使用する必要があります。また、さらに強い反発を求める方は短距離用スパイクを選択するのもひとつの方法です。

1500mにも出場したいのであれば中長距離用スパイクを選び、400mにも出場したいのであれば短中距離用を選択しましょう。

あおすけ
あおすけ

どんなスパイクがおすすめ?

NIKE ビクトリー2

出典:NIKE公式HP

NIKEのビクトリー2は世界中のランナーが使用するハイスペックなスパイクです。世界トップレベルのランナーも数多くの使用実績があります。800mに対応した中距離用スパイクです。

軽量かつ高反発素材であるZoomXフォームをミッドソールに使用しています。最大の特徴は前足部に配置されたZoom Airユニットです。これにより高い反発力を発揮します。強い反発でグイグイ進んでいきたい方におすすめです。NIKEビクトリー2について詳しく解説しています。

トレーニングシーンに合わせたNIKEランニングシューズについても解説しています。

adidas アディゼロ アンビション

出典:adidas公式HP

adidasのアディゼロ アンビションは800mから1500mに使用できる中距離用スパイクです。高反発素材であるLightstrike Proを前足部に搭載しており、短距離用スパイクのようなプレートも採用しています。

アディゼロ アンビションは反発力にステータスを振っているスパイクです。強い反発力で力強く進んでいきたい方におすすめです。トレーニングシーンに合わせたadidasランニングシューズについても解説しています。

PUMA エヴォスピード ディスタンス ニトロ エリート+4

出典:PUMA公式HP

PUMAのエヴォスピード ディスタンス ニトロ エリート+4は800m専用に作成されたスパイクです。NITRO FOAMにより高い反発力を発揮するスパイクで、マラソンシューズにも採用されているクッショニング素材を使用しています。強い反発力を得ながらグイグイ進む感覚を味わえます。

フルレングスのカーボンプレートも採用しているため、ミッドソール素材と相乗効果を発揮して高い反発力を発揮します。強い反発力を得て走りたい方におすすめです。エヴォスピード ディスタンス ニトロ エリート+4について詳しく解説しています。

トレーニングシーンに合わせたPUMAランニングシューズについても解説しています。

ニューバランス FuelCell MD-X

出典:ニューバランス公式HP

ニューバランスのFuelCell MD-Xは800m〜5000mに対応したオールマイティなスパイクです。ミッドソール素材には、マラソンシューズにも採用されているFuelCellを使用しています。フルレングスのカーボンプレートと相乗効果で高い反発力を発揮します。

スパイクピンは片足6本の固定ピンです。埋め込み式ピンを採用することで不要な部分をカットでき、スパイクの軽量化に成功しています。スパイクに軽量性を求める方におすすめです。トレーニングシーンに合わせたニューバランスランニングシューズについても解説しています。

ニューバランス メンズ フィットネス スポーツ New Balance FuelCell MD-X Track and Field Shoes Orange/Black

On Cloudspike 1500m

出典:On公式HP

Cloudspike 1500mはOnの中距離用スパイクです。Onランニングシューズの代名詞であるCloudTecをミッドソールに採用していて高いクッション性を発揮します。

カーボン配合のプレートを採用しており、反発力も兼ね備えたスパイクです。CloudTecで負担を軽減しつつ、Speedboardで反発力を得られる設計です。クッション性と反発力をバランスよく得たい方におすすめです。トレーニングシーンに合わせたOnランニングシューズについても解説しています。

オン Cloudspike クラウドスパイク 1500m MD10651105 メンズ 陸上/ランニング 陸上スパイク : ホワイト×ホワイト On
オン Cloudspike クラウドスパイク 1500m WD10561105 レディス 陸上/ランニング 陸上スパイク : ホワイト×ホワイト On

asics METASPEED MD

出典:asics公式HP

asicsのMETASPEED MDはカーボンプレートを採用した中距離用スパイクです。ミッドソール素材には、マラソンシューズにも採用されているFF BLAST TURBOを使用しています。

METASPEED MDはクッション性と反発力を兼ね備えたスパイクです。普段からasicsのマラソンシューズを使用している方や、高いクッション性を求める方におすすめです。METASPEED MDについて詳しく解説しています。

トレーニングシーンに合わせたasicsランニングシューズについても解説しています。

ミズノ ジオスパートMD

出典:ミズノ公式HP

ミズノのジオスパートMDは従来から多くのランナーに愛用されてきた長距離用スパイクです。短距離用スパイクのような設計でスピードを出すことにフォーカスを当てています。

交換ピン4本、固定4mmピン3本、固定6mmピン2本の合計9本のピンが片足についています。スパイクピンによる反発でスピードを出して走れます。スピードを重視して勢いで走りたい方におすすめです。トレーニングシーンに合わせたミズノランニングシューズについても解説しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

800m2分30秒切りはトレーニングを重ねることで誰でも達成可能です。2分20秒台に突入することで他の種目でも自己ベストが期待できます。

トレーニングを重ねて、スパイクも選び直し、自己ベストを更新しましょう。

種目に合わせたおすすめスパイクも紹介しているので参考にしてください。
800mにおすすめのスパイク
800m,1500mにおすすめのスパイク
3000mにおすすめのスパイク
5000m,10000mにおすすめのスパイク

コメント

タイトルとURLをコピーしました