New Balance新作シューズFresh Foam X Vongo v6の特徴と前作との違いを解説!

スポンサーリンク
アイテム
アフィリエイト広告を利用しています。

出典:ニューバランス公式HP

ニューバランスから新作シューズFresh Foam X Vongo v6が発売されました。Fresh Foam X Vongo v6はどのようなシューズなのでしょうか?

そこで今回はFresh Foam X Vongo v6の特徴とFresh Foam X Vongo v5との違いについて解説します。

悩み,疑問

・Fresh Foam X Vongo v6はどんなシューズ?
・Fresh Foam X Vongo v5との違いは?
・おすすめのシューズは?

この記事でわかること

・Fresh Foam X Vongo v6の特徴
・Fresh Foam X Vongo v5からの改良点
・おすすめのマラソンシューズ

記事の執筆者
大学まで箱根駅伝常連校で競技を続け、現在はクラブチームでプレイングコーチとして活動。
20年以上の競技歴で培った知識を基に解説します。
あおすけ
あおすけ

Fresh Foam X Vongo v6ってどんなシューズ?

スポンサーリンク

Fresh Foam X Vongo v6発売開始!

出典:ニューバランス公式HP

定価:19,800円(税込)

ニューバランスから新作シューズFresh Foam X Vongo v6が発売されました。このシューズはFresh Foam X Vongo v5をベースに改良が加えられたシューズです。

クッション性の高いジョギングシューズとしての位置付けで、ロングジョグに適しています。

価格は2万円弱と、やや強気な価格設定ですが、価格に見合うだけの性能を秘めたシューズと言えるでしょう。

あおすけ
あおすけ

どんな特徴があるの?

高いクッション性

出典:ニューバランス公式HP

Fresh Foam X Vongo v6は高いクッション性を発揮するシューズです。厚いミッドソールを見ても分かる通り、クッショニング素材であるFresh Foamをふんだんに使用しています。

硬度の異なる2種類のFresh Foamを採用することで、さらにら高いクッション性と衝撃吸収能力を発揮します。

高いクッション性はランニングの衝撃を緩和する役割があるため、ランニング障害の予防にもなります。膝や腰に不安のある方にもおすすめです。

安定性と反発力を高めるEVA BORD

出典:ニューバランス公式HP

2層構造のミッドソールの間にはEVA BORDが搭載されています。これにより高い反発性と安定性を発揮します。

反発力が高まることで推進力を得られ、よりスピードを出しやすくなります。安定性は着地時のグラつきを抑制するため、エネルギーロス削減とともに、ランニング障害の予防にもつながります。

グリップ力の高いアウトソール

出典:ニューバランス公式HP

Fresh Foam X Vongo v6のアウトソールは、細かなブロック状になっており、どのような路面であってもグリップ力を発揮します。

雨に濡れた路面でもグリップが効くため、転倒のリスクも抑えられるでしょう。グリップ力がある分、体重をしっかりと地面に加えることができ、効率の良いランニング動作が行えます。

 

スポンサーリンク

Fresh Foam X Vongo v5との違い

出典:ニューバランス公式HP

左:Fresh Foam X Vongo v5、右:Fresh Foam X Vongo v6

Fresh Foam X Vongo v6は、人気シューズであるFresh Foam X Vongo v5を改良して作られています。では、具体的にどこが改良されているのかをポイントごとに解説します。

あおすけ
あおすけ

どんな違いがあるの?

ミッドソールの違い

出典:ニューバランス公式HP

左:Fresh Foam X Vongo v5、右:Fresh Foam X Vongo v6

Fresh Foam X Vongo v5もFresh Foam X Vongo v6もどちらもミッドソールにはクッション性の高いFresh Foamを使用しています。

ただ、新作Fresh Foam X Vongo v6は硬度の違う2種類のFresh Foamミッドソールを使用していて、間にはEVA BOADも搭載されています。前作と新作ではミッドソールに大きな改良が加えられています。

アウトソールの違い

出典:ニューバランス公式HP

左:Fresh Foam X Vongo v5、右:Fresh Foam X Vongo v6

アウトソールも前作から改良が加えられています。前作のアウトソールは各ブロックが孤立する形状でしたが、新作のアウトソールは各ブロックが連動して動きます。これにより、よりスムーズな体重移動が実現する設計です。

また、ラバーソールの不要な部分はカットすることで軽量化も図られています。

アッパーの違い

出典:ニューバランス公式HP

左:Fresh Foam X More v4、右:Fresh Foam X More v4 Permafrost

Fresh Foam X Vongo v5もFresh Foam X Vongo v6も、アッパーにはHypoknitが採用されています。通気性が高く伸縮性のあるニット生地で高いフィット感を発揮します。

 

スポンサーリンク

Fresh Foam X Vongo v6はテンポ走やペース走におすすめ

Fresh Foam X Vongo v6はテンポ走やペース走におすすめです。EVA BORDが搭載されているため、反発力を得ながらスピードを出して走れるでしょう。レースペースよりもやや遅いテンポ走などに適したシューズです。

マラソンに使用するのであればサブ3.5程度まで対応可能です。トレーニングシーンに合わせたニューバランスランニングシューズについても解説しています。

また、高いクッション性を持つため、長時間のランニングでもストレスなく走れます。膝や腰に不安がある方にもおすすめです。膝に優しいランニングシューズについても解説しているので参考にしてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

Fresh Foam X Vongo v6は、前作となるFresh Foam X Vongo v5から大きく改良を加えられたシューズです。高いクッション性と反発力を発揮するシューズで、初心者から中級者におすすめです。

マラソンにおすすめのシューズや他のメーカーのおすすめシューズも紹介しているので参考にしてください。

アイテム
スポンサーリンク
シェアする
runkunをフォローする
サラリーマンランナーのランニング講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました