1500mの1周目はどれくらい?自己ベストを出すコツと走り方、ペース配分を詳しく解説!

スポンサーリンク
1500m
アフィリエイト広告を利用しています。

トラックシーズンは陸上競技中距離種目である1500mに出場するランナーも多くいます。走るからにはもちろん自己ベストを狙って走ることでしょう。

そこで今回は1500mで自己ベストを出すための、1500mを走るコツについて解説します。自己ベストを狙って走る方はぜひ参考にしてください。

悩み,疑問

・1500mの1周目はどれくらい?
・1500mは突っ込んだほうがいい?
・どうすれば自己ベストを更新できる?

この記事でわかること

・1500mで自己ベストを出すためのコツ
・1500mのレースで意識するポイント
・1500mにおすすめのスパイク

記事の執筆者
大学まで箱根駅伝常連校で競技を続け、現在はクラブチームでプレイングコーチとして活動。
20年以上の競技歴で培った知識を基に解説します。
あおすけ
あおすけ

1500mで自己ベストを出す方法は?

スポンサーリンク

1500mとは?

1500mは陸上競技場3周と3/4を走る陸上競技中距離種目です。中学生から正式種目として採用されており、社会人のレースでは中距離として扱われています。

スピードとスピード持久力がバランスよく求められる種目であり、800mと兼任するスピード型ランナーもいれば、5000mと兼任するスタミナ型のランナーもいます。1500mはランナー同士の接触も見られる激しい種目です。

あおすけ
あおすけ

1500mはキツイ!

 

スポンサーリンク

1500mで記録を出すコツ

1500mはレース展開によってタイムが大きく異なる種目です。逆を返せば、同じ走力であったとしても、レース展開を少し意識するだけでタイムが大きく伸びる可能性があるといえます。ここからは1500mで記録を出すためのコツを紹介します。

あおすけ
あおすけ

1500mでは何が必要?

1週目の方が2週目よりも速い

1500mは陸上競技場を3周と3/4走る種目ですが、自己ベストを出すためには1周目の入りが重要です。世界トップランナーでも1週目の方が2週目よりも2〜4秒程度速く通過しています。つまり、1周目にどれだけタイムを稼げるかがゴールタイムを大きく左右します。

1周目で出遅れてしまうと2周目で挽回するのは困難です。2周目にスピードを上げるためには相当な走力が求められるため、仮にスピードを上げられたとしても、3周目に失速してしまうことがほとんどです。タイムを狙うのであれば失速の恐怖心をどれだけ捨てられるかがポイントといえます。

中盤にどれだけ余裕を持てるか

1500mは全力で走り続けるのには長すぎる距離です。400mを走るようなスピードでは最後まで走り続けることはできません。そのため、レース中盤にどれだけ余裕を持てるかがゴールタイムを大きく左右します。400m過ぎから1200mまでの800m間をどれだけリラックスできるかが重要です。

レース中盤に力を使い果たしてしまうと、後半の失速につながるため、できる限り力を使わずに走る必要があります。最初の400mの勢いをそのまま活かす意識で中間走を乗り越えましょう。

ラスト300mがゴールタイムを左右する

1500mはラスト300mで大きくタイム差が開きます。1200mまではそこまで差は広がらず、ラスト300mで一気に差が開くのです。

つまり、ラストの失速が大きなタイムロスにつながります。中盤にリラックスして力を温存しておき、レース終盤に力をうまく使い切ることがレース成功の秘訣です。

 

スポンサーリンク

スパイク選びも重要

1500mはトラック種目であるため厚底シューズは使用できません。そのため、基本的にはスパイクを使用します。1500mはスピードが求められる種目であることから、カーボンプレートが搭載されているような反発力の強いスパイクが使用されます。

スピードを重視するのであれば短距離型のスパイクを選ぶ必要がありますし、スタミナを意識するのであれば長距離型のスパイクを選ぶ必要があります。スパイク選びひとつでゴールタイムも変わってくるため、自分のスタイルに合ったスパイクを選択しましょう。

あおすけ
あおすけ

スパイクでタイムも変わる!

 

スポンサーリンク

1500mにおすすめのスパイク

1500mで記録を出すためにはスパイク選びも重要です。中距離用のスパイクは各メーカーから発売されているので自分に合ったスパイクを選びましょう。ここでは各メーカーの中距離用スパイクについて特徴を解説しています。

あおすけ
あおすけ

どんなスパイクがおすすめ?

NIKE ビクトリー2

出典:NIKE公式HP

NIKEのビクトリー2は世界中のランナーが使用するハイスペックなスパイクです。世界トップレベルのランナーも数多くの使用実績があります。1500mにも対応した中距離用スパイクです。

軽量かつ高反発素材であるZoomXフォームをミッドソールに使用しています。最大の特徴は前足部に配置されたZoom Airユニットです。これにより高い反発力を発揮します。強い反発でグイグイ進んでいきたい方におすすめです。NIKEビクトリー2について詳しく解説しています。

トレーニングシーンに合わせたNIKEランニングシューズについても解説しています。

adidas アディゼロ アンビション

出典:adidas公式HP

adidasのアディゼロ アンビションは1500mにも使用できる中距離用スパイクです。高反発素材であるLightstrike Proを前足部に搭載しており、短距離用スパイクのようなプレートも採用しています。

アディゼロ アンビションは反発力にステータスを振っているスパイクです。強い反発力で力強く進んでいきたい方におすすめです。アディゼロ アンビションについて詳しく解説しています。

トレーニングシーンに合わせたadidasランニングシューズについても解説しています。

PUMA エヴォスピード ディスタンス ニトロ エリート+4

出典:PUMA公式HP

PUMAのエヴォスピード ディスタンス ニトロ エリート+4は800m専用に作成されたスパイクです。NITRO FOAMにより高い反発力を発揮するスパイクで、マラソンシューズにも採用されているクッショニング素材を使用しています。強い反発力を得ながらグイグイ進む感覚を味わえます。

フルレングスのカーボンプレートも採用しているため、ミッドソール素材と相乗効果を発揮して高い反発力を発揮します。強い反発力を得て走りたい方におすすめです。エヴォスピード ディスタンス ニトロ エリート+4について詳しく解説しています。

トレーニングシーンに合わせたPUMAランニングシューズについても解説しています。

ニューバランス FuelCell MD-X

出典:ニューバランス公式HP

ニューバランスのFuelCell MD-Xは800m〜5000mに対応したオールマイティなスパイクです。ミッドソール素材には、マラソンシューズにも採用されているFuelCellを使用しています。フルレングスのカーボンプレートと相乗効果で高い反発力を発揮します。

スパイクピンは片足6本の固定ピンです。埋め込み式ピンを採用することで不要な部分をカットでき、スパイクの軽量化に成功しています。スパイクに軽量性を求める方におすすめです。トレーニングシーンに合わせたニューバランスランニングシューズについても解説しています。

ニューバランス メンズ フィットネス スポーツ New Balance FuelCell MD-X Track and Field Shoes Orange/Black

On Cloudspike 1500m

出典:On公式HP

Cloudspike 1500mはOnの中距離用スパイクです。Onランニングシューズの代名詞であるCloudTecをミッドソールに採用していて高いクッション性を発揮します。

カーボン配合のプレートを採用しており、反発力も兼ね備えたスパイクです。CloudTecで負担を軽減しつつ、Speedboardで反発力を得られる設計です。クッション性と反発力をバランスよく得たい方におすすめです。トレーニングシーンに合わせたOnランニングシューズについても解説しています。

オン Cloudspike クラウドスパイク 1500m MD10651105 メンズ 陸上/ランニング 陸上スパイク : ホワイト×ホワイト On
オン Cloudspike クラウドスパイク 1500m WD10561105 レディス 陸上/ランニング 陸上スパイク : ホワイト×ホワイト On

asics METASPEED MD

出典:asics公式HP

asicsのMETASPEED MDはカーボンプレートを採用した中距離用スパイクです。ミッドソール素材には、マラソンシューズにも採用されているFF BLAST TURBOを使用しています。

METASPEED MDはクッション性と反発力を兼ね備えたスパイクです。普段からasicsのマラソンシューズを使用している方や、高いクッション性を求める方におすすめです。METASPEED MDについて詳しく解説しています。

トレーニングシーンに合わせたasicsランニングシューズについても解説しています。

ミズノ ジオスパートMD

出典:ミズノ公式HP

ミズノのジオスパートMDは従来から多くのランナーに愛用されてきた長距離用スパイクです。短距離用スパイクのような設計でスピードを出すことにフォーカスを当てています。

交換ピン4本、固定4mmピン3本、固定6mmピン2本の合計9本のピンが片足についています。スパイクピンによる反発でスピードを出して走れます。スピードを重視して勢いで走りたい方におすすめです。トレーニングシーンに合わせたミズノランニングシューズについても解説しています。

種目に合わせたおすすめスパイクも紹介しているので参考にしてください。
800mにおすすめのスパイク
800m,1500mにおすすめのスパイク
3000mにおすすめのスパイク
5000m,10000mにおすすめのスパイク

1500mコラム
スポンサーリンク
シェアする
runkunをフォローする
サラリーマンランナーのランニング講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました