ランニングは食前と食後どっちがおすすめ?食事前後のランニングのメリットとデメリットを解説!

スポンサーリンク
コラム
アフィリエイト広告を利用しています。

ランニングをしようとしたとき、食前に走った方がいいのか、食後に走ったほうがいいのかで迷う方も多くいます。そこで今回はランニングを行うタイミングについて解説します。

食前と食後に走るメリットとデメリットをそれぞれ解説するのでぜひ参考にしてください。

悩み,疑問

・ランニングは食前と食後どっちがいいの?
・食前のランニングのメリットとデメリットは?
・食後のランニングのメリットとデメリットは?

この記事でわかること

・食前と食後のランニングの違い
・食前と食後それぞれのメリットとデメリット
・ランニング時の食事のポイント

記事の執筆者
大学まで箱根駅伝常連校で競技を続け、現在はクラブチームでプレイングコーチとして活動。
20年以上の競技歴で培った知識を基に解説します。
あおすけ
あおすけ

ランニングをするときの食事はどうすればいい?

スポンサーリンク

ランニングを食前に行うことがある

ランニングをしようとしたとき、食前に走ることがあります。空腹状態で走ることもあれば空腹感は感じていない場合もあるでしょう。

食前に走る理由としては最も大きいものは、腹痛の回避です。食後すぐに走ってしまうと腹痛を引き起こす原因になるため、腹痛を避けるために、食前に走る方が多くいます。

あおすけ
あおすけ

食前に走る人が多い!

 

スポンサーリンク

ランニングを食後に行うことがある

ランニングをしようとしたとき、食後に走ることがあります。満腹状態の場合もあれば、食事後一定時間が空いているため満腹感はない場合もあります。

食後に走る最も大きいものは、エネルギー切れの予防です。ランニングは多くのエネルギーを消費する運動であるため、走る前にエネルギーを補給しておかないと途中でエネルギー切れを起こす可能性があります。

あおすけ
あおすけ

お腹が減ってはランニングもできない!

 

スポンサーリンク

食前のランニングのメリット

食前のランニングにはいくつかのメリットがあります。食後のランニングよりも、食前のランニングの方が好まれることが多いのは、そこにメリットがあるからです。食前のランニングをうまく活用することでランニング効率も高まります。

あおすけ
あおすけ

どんなメリットがあるの?

ダイエット効果が高い

空腹時のランニングの方がエネルギー代謝の効率がいいとされています。つまり、食後に走るよりも食前に走った方がダイエット効果が高いといえます。

ランニングを行う主な目的としてダイエットが多いことから、ダイエットを目的にランニングをするのであれば食前がおすすめです。ランニングのダイエット効果についても詳しく解説しています。

トレーニング効果が高い

食前のランニングでは、食後よりもエネルギーが少ない状態で走ることになるため、より体に負荷がかかります。言い換えればトレーニング効果が高いといえます。

エネルギーが少ない状態で走ることにより、体がそれに対応すべく反応します。効率の良いトレーニング効果を求める方には食前のランニングがおすすめです。

 

スポンサーリンク

食前のランニングのデメリット

食前のランニングには、トレーニング効果を効率的に得られるメリットがある一方で、デメリットも存在します。メリットばかりに気を取られてしまうと、さまざまな危険もあるため注意が必要です。

あおすけ
あおすけ

どんなデメリットがあるの?

エネルギー切れの恐れがある

食前に走ることでエネルギー切れを引き起こす可能性があります。食事によってエネルギーを摂取していないにもかかわらず、エネルギーを多く消費するランニングを行うことは、体へのダメージも大きくなります。

トレーニング効果が期待できる一方で、ダメージが深刻化する恐れもあるのです。ランニングによるハンガーノックについても詳しく解説しています。

パフォーマンスが低下しやすい

食前のランニングでは、エネルギーが枯渇していふ可能性があるため、パフォーマンスが低下しやすくなります。パフォーマンスを高めるためにはエネルギーをしっかりと蓄えておく必要があります。

特にポイント練習や距離走など負担の大きいトレーニング前にはエネルギー補給が大切です。

 

スポンサーリンク

食後のランニングのメリット

食前のランニングにメリットがあったように、食後のランニングにもメリットはあります。食後のランニングが全て悪いというわけではありません。食事の内容やタイミングを工夫することで効率の良いトレーニングができます。

あおすけ
あおすけ

どんなメリットがあるの?

エネルギー切れになりにくい

しっかりと食事をとってから走ることでエネルギー切れを予防できます。長距離のランニングでは多くのエネルギーを消費するため、事前にエネルギーを蓄えておく必要があります。

しっかりとした食事が摂れない状況であったとしても、エネルギーゼリーなどを摂取するだけでも違います。ランナーにおすすめの補給食についても解説しています。

筋破壊を抑制できる

食事をとってからランニングをすることで筋破壊を防ぐことができます。空腹の状態で走ってしまうと、エネルギー源として筋肉が破壊されてしまいます。

せっかくつけた筋肉が減ってしまっては本末転倒であるため、エネルギー源をしっかりと確保しておかなくてはなりません。筋肉を守るためにもエネルギーを摂取しておきましょう。

 

スポンサーリンク

食後のランニングのデメリット

食後のランニングはパフォーマンスを低下させる原因になりかねません。普段のトレーニング程度であれば問題ありませんが、大切なレースやパフォーマンスが求められるトレーニングでは死活問題です。食後のランニングによるデメリットも押さえて、効率の良いランニングを心がけましょう。

あおすけ
あおすけ

どんなデメリットがあるの?

腹痛の原因になる

食後すぐに走ることで腹痛の原因になります。これが食後のランニングで懸念される最も大きなデメリットです。食後すぐに走るのではなく、一定時間を設けてから走るようにしましょう。消火までの時間を確保してから走ることで腹痛の予防ができます。

体が動きにくい

食後は眠気やダルさを感じることがあり、走るのが億劫になってしまいます。いざ走り出しても体が動きにくいと感じることもあるでしょう。

食べるものによっても体が動きにくくなることもあります。どのような食事が自分に合っているのかを、日々のトレーニングから探っていきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

食事の前のランニングも、食事の後のランニングも、それぞれにメリットとデメリットが存在します。どちらが優れているということではありません。大切なことは自分の体に合ったトレーニングを重ねることです。自分の体と相談しながら、自分に合ったトレーニングを探りましょう。

コラム
スポンサーリンク
シェアする
runkunをフォローする
サラリーマンランナーのランニング講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました