NISAを使っている割合はどれくらい?資産運用実施率を解説!

スポンサーリンク
投資
アフィリエイト広告を利用しています。

NISAという単語はだいぶ浸透していますが、実際に投資を始めている割合はどれくらいのなのでしょうか?

そこで今回は資産所得倍増に関する基礎資料集を参考に、NISAの開設割合について解説します。どれくらいの人が投資をしているのか気になる方はぜひ参考にしてください。

悩み,疑問

・NISAを使っている人はどれくらい?
・どんな人がNISAを使っているの?
・NISAについて詳しく知りたい

この記事でわかること

・NISA口座を解説している割合
・NISAを持っている人の資産割合
・NISAにおすすめの証券口座

記事の執筆者
大手保険会社に勤務し、FP資格を取得
生活に役立つお金の知識と、趣味のランニングについて解説しています。
初心者でも理解しやすいよう、専門用語はなるべく使わず、簡単に解説します。
あおすけ
あおすけ

NISAはどれくらいの人が使っているの?

スポンサーリンク

NISAを開設している割合

資産所得倍増に関する基礎資料集から抜粋

NISAは制度開始後から順調に利用者数を伸ばしています。2022年度末では1,779万口座が開設されており、国民の約7人に1人は開設している計算になります。

内訳としては一般NISAが半数以上を締めており、ジュニアNISAは80万口座とほとんど開設されていないことが分かります。このことから新NISAでは、ジュニアNISAが廃止になるわけですが、子供名義で有価証券を保有できるメリットがあっただけに残念な結果です。ジュニアNISA廃止後の対応策についても解説しているので参考にしてください。

あおすけ
あおすけ

結構開設されてるんだね!

NISAを解説している人の資産額

資産所得倍増に関する基礎資料集から抜粋

NISAを開設している人の個人所得は70%以上が年収500万円以下です。また、所有資産については約50%が1,000万円以下であることから、年収や資産の額に関係なく利用されていることが分かります。

あおすけ
あおすけ

給料や資産に関係なく開設されてるね!

NISAを開設している世代別割合

資産所得倍増に関する基礎資料集から抜粋

国民7人に1人が開設しているNISA口座の開設率を世代別に見てみましょう。各世代ほとんど同じ開設率であり、1割強の割合でNISA口座を開設していることが分かります

ただ、若年層になるほど「つみたてNISA」の割合が増加し、高齢層になるほど「一般NISA」の割合が増加しています。これは、給料の低い若年層にとって、毎月の給料から自動的に差し引かれる方が投資しやすいからという見方ができます。

あおすけ
あおすけ

世代関係なく開設されてるんだね!

 

スポンサーリンク

若年層の開設率が増えている

資産所得倍増に関する基礎資料集から抜粋

では、NISA口座の開設率の伸び方を見てみましょう。高齢層では伸びてはいるものの、おおむね横ばいです。しかし、20代〜30代の若年層は、ここ数年で大きく開設率が伸びてきています

あおすけ
あおすけ

なんで若年層だけ伸びてるの?

SNSからの流入

若年層の開設率が伸びている要因のひとつとしてSNSが挙げられます。最近ではYouTubeやインスタグラム等で資産運用について発信するインフルエンサーも多く、その影響が大きいといえます。以前であれば投資について、本や専門書でなければ情報を得ることができなかったのに対し、現代ではスマホ一つで手軽に無料で情報が得られる時代です。

スマホやインターネットを使いこなしている若年層の開設率が高い要因は、ネットの普及によるところが大きいといえます。

将来に対する不安による行動

年金の支給が後ろ倒しになり、定年退職の年齢も伸びてきている現代、若年層の方が高齢層よりも将来に対する不安は大きく感じています。給料は上がらず物価や税金は上がるばかり。出生率は下り高齢率は上がるため、必然的に若年層への普段も大きくなります。

そのような現代で将来に対する不安を少しでも払拭するために、NISAが有効な手段であることは言うまでもありません。将来に対する不安から、若年層のNISA開設率が伸びているとも言えます。

あおすけ
あおすけ

みんな将来に不安を持ってる!

 

スポンサーリンク

NISAにポジティブな意見が多い

資産所得倍増に関する基礎資料集から抜粋

NISAは投資であるため、暴落や資産減少のリスクはあります。しかし、NISAを始めることでポジティブな意見も多く見られます。何も知識がない上での投資は怖いものですが、しっかりと勉強をして臨めば最小限のリスクに抑えることは可能です。

まずは漠然とした不安を取り除き、何が分かっていないのかを明確にしましょう。一つひとつ調べることで不安も解消され、投資に対して前向きになれるはずです。

あおすけ
あおすけ

始めることでわかることもある!

 

スポンサーリンク

2024年から新NISAスタート

現行のNISAは2024年1月から新NISAとして生まれ変わります。新NISAのポイントは以下のとおりです。さらに詳しく知りたい方は、新NISAについて詳細に解説しているので参考にしてください。

新NISAのポイント
・生涯投資可能額が1,800万円に拡充
・成長投資枠と積立投資が併用可能に

これまでは、一般NISAであれば年間120万円。生涯合計600万円が上限でした。つみたてNISAであれば年間40万円。生涯合計800万円が上限でした。これらが改正され、一般NISA部分、つみたてNISA部分それぞれ大幅に拡大しています。

また、これまでは一般NISAとつみたてNISAはどちらか片方しか選択できませんでしたが、新NISAでは併用可能になります。新NISAの非課税枠は旧一般NISA部分とつみたてNISA部分それぞれに設けられているため、非課税枠をうまく使うためにはどちらも並行して投資する必要があります。

あおすけ
あおすけ

つみたて投資と成長投資が併用できるようになる!

 

スポンサーリンク

おすすめの証券口座

証券会社選びはネット証券が基本です。また、生活スタイルによっておすすめの証券会社は異なります。NISAにおすすめの証券会社についても解説しているので参考にしてください。

あおすけ
あおすけ

どの証券会社がおすすめ?

SBI証券

おすすめポイント
・業界最安クラスの手数料
・Tポイント、dポイントに対応
・保有額に合わせてポイント付与

投資初心者からプロまで幅広い層から支持されている証券口座です。国内外でもトップレベルのシェアを誇り、使いやすさにも定評があります。

株式や投資信託の売買には手数料がかかりますが、SBI証券は業界最安クラスの手数料水準です。手数料は積み重なることで多大なコストとなるため、できるだけ抑えるのが基本となります。

Tポイントやdポイントに対応しており、貯まったTポイントで商品を購入することもできます。普段TSUTAYAやウェルシアグループなどTポイントが貯まる環境にある方におすすめです。

また、投資信託の保有額に応じてポイントが付与されるのもおすすめポイントのひとつです。投資信託を購入して放置しておくだけで、投資信託の利益とは別にポイントを受け取れます。

楽天証券

おすすめポイント
・楽天経済圏の還元率アップ
・貯めた楽天ポイントで投資ができる

楽天経済圏を中心に多くのユーザーを囲い込んでる楽天グループ。楽天証券を使用して株式等の購入を行うことで、楽天市場でのポイント還元率がアップします

また、貯まった楽天ポイントで投資信託が購入できるのもポイントです。楽天市場での買い物や、楽天カードの利用に応じて、多くのポイントを獲得できるため、それらを無駄な買い物に使うのではなく、効率よく資産運用に回せます。

自己資金を投資に回すのが怖い初心者の方でも、貯まった楽天ポイントを使って投資ができるため、金銭的な損失のリスクを抑えた投資が可能です。

 

スポンサーリンク

まとめ

NISAは年代問わず幅広い方に利用されている制度です。2024年からはさらに効率よく資産運用ができる場が整えられるため、国の制度に則り将来に対する不安を取り除きましょう。

投資
スポンサーリンク
シェアする
runkunをフォローする
サラリーマンランナーのランニング講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました