新NISAの成長投資枠とは?つみたて投資との違いを解説!

スポンサーリンク
投資
アフィリエイト広告を利用しています。

新NISAには「成長投資枠」が設けられていますが、成長投資枠とは何を意味するのでしょうか?そこで今回は新NISAの成長投資枠について解説します。

新NISAに向けて勉強したい方や、これから投資を始めようとしている方はぜひ参考にしてください。

悩み,疑問

・成長投資枠って何?
・つみたて投資との違いは?
・成長投資のメリット、デメリットは?

この記事でわかること

・成長投資枠とは
・成長投資枠のメリット,デメリット
・つみたて投資との違い

記事の執筆者
大手保険会社に勤務し、FP資格を取得
生活に役立つお金の知識と、趣味のランニングについて解説しています。
初心者でも理解しやすいよう、専門用語はなるべく使わず、簡単に解説します。
あおすけ
あおすけ

成長投資枠って何?

スポンサーリンク

2024年から新NISAスタート

現行のNISAは2024年1月から新NISAとして生まれ変わります。新NISAのポイントは以下のとおりです。さらに詳しく知りたい方は、新NISAについて詳細に解説しているので参考にしてください。

新NISAのポイント
・生涯投資可能額が1,800万円に拡充
・成長投資枠と積立投資が併用可能に

これまでは、一般NISAであれば年間120万円。生涯合計600万円が上限でした。つみたてNISAであれば年間40万円。生涯合計800万円が上限でした。これらが改正され、一般NISA部分、つみたてNISA部分それぞれ大幅に拡大しています。

また、これまでは一般NISAとつみたてNISAはどちらか片方しか選択できませんでしたが、新NISAでは併用可能になります。新NISAの非課税枠は旧一般NISA部分とつみたてNISA部分それぞれに設けられているため、非課税枠をうまく使うためにはどちらも並行して投資する必要があります。

あおすけ
あおすけ

つみたて投資と成長投資が併用できるようになる!

 

スポンサーリンク

成長投資枠とは?

成長投資枠とは、旧NISAの一般NISAの仕組みを引き継いだ制度です。投資対象を株や債権、投資信託など幅広いジャンルから選択でき、購入額やタイミングを自分で選ぶことができます。

年間限度額は240万円で、生涯投資可能額は1,200万円です。自分で商品やタイミングを選ばなくてはならないことから、相応のリスクが生じますが、その分高いリターンも狙えます。

あおすけ
あおすけ

なんだか難しそう…

成長投資のメリット

成長投資には、積立投資にないメリットがあります。資産運用をより効率的に行うためにも、成長枠投資を上手に使いましょう。

成長投資のメリット
・投資対象やタイミングを自分で選べる
・つみたて投資よりも高いリターンを狙える
・投資についてより詳しくなれる

成長投資は購入する商品やタイミングを自分で選ばなくてはならないことから、それ相応の知識も必要になります。当てずっぽうに購入しても損するだけですので、しっかりと勉強をしなくてはなりません。

成長投資のデメリット

自分で全てを選ぶ成長投資にはリスクも伴います。大切な資産を失わないためにもリスクをしっかりと認識しておきましょう。

成長投資のデメリット
・ハイリスク、ハイリターンの投資
・高い専門的知識が必要

投資において、リスクとリターンは表裏一体です。高いリターンが狙えるということは、その分だけ資産を失うリスクもあります。また、投資は本来、高い専門知識を必要とするため、安易に手を出しては行けません。

自分で商品を選んだり、タイミングを見るのが難しそうなのであれば、つみたて投資と同じ投資信託を定期的に買い続けるのもおすすめの方法です。

あおすけ
あおすけ

成長投資枠はリスクも大きいんだね!

 

スポンサーリンク

つみたて投資とは?

新NISAのつみたて投資は、これまでのつみたてNISAを引き継いだ制度です。投資限度額が大幅に拡充されており、非課税期間に制限はありません。

年間120万円、生涯投資可能額は600万円です。投資対象は投資信託に限られ、各証券会社が選定した投資信託の中から商品を選んで積み立てます。クレジットカード決済にも対応しているため、ポイント還元を受けながら効率よく資産運用ができます。

積立投資におすすめのクレジットカードについても解説しているので参考にしてください。

つみたて投資のメリット

つみたて投資は一定の金額を定期的に買い続ける投資方で、高い再現性が魅力です。誰でも手軽にできる方法ですので、投資初心者におすすめといえます。

つみたて投資のメリット
・専門知識を必要としない
・知らぬ間に資産が増えている

投資は本来高い専門性を必要としますが、つみたて投資の場合は最低限の知識のみで、高い専門性は必要としません。また、長期投資を基本的な考え方にしているため、知らぬ間に資産が大きく増えていたと感じる方も多いでしょう。

普段の仕事や家事等が忙しく、時間が取れない方にもおすすめの方法です。一括投資と、つみたて投資の違いについても解説しているので参考にしてください。

つみたて投資のデメリット

つみたて投資は安定した資産形成ができる反面、デメリットも存在します。想定している資金を確実に用意するためにもデメリットを理解しておくことが大切です。

つみたて投資のデメリット
・資産の増加スピードが遅い
・成長投資枠よりも非課税枠が小さい

つみたて投資は毎月コツコツ投資を続ける投資法です。毎月の投資額はそれほど多くないことから資産形成には時間がかかります。また、市場平均で買うことを目標にしているため、一括投資と比較すると大きなリターンは期待できません。

また、新NISAではつみたて投資の非課税枠が小さく設定されています。まとまった資産を築くためには成長投資も必要と言えます。

あおすけ
あおすけ

つみたて投資の方が安心かも!

 

スポンサーリンク

新NISAにおすすめの証券口座

証券会社選びはネット証券が基本です。また、生活スタイルによっておすすめの証券会社は異なります。NISAにおすすめの証券会社についても解説しているので参考にしてください。

SBI証券

おすすめポイント
・業界最安クラスの手数料
・Tポイント、dポイントに対応
・保有額に合わせてポイント付与

投資初心者からプロまで幅広い層から支持されている証券口座です。国内外でもトップレベルのシェアを誇り、使いやすさにも定評があります。

株式や投資信託の売買には手数料がかかりますが、SBI証券は業界最安クラスの手数料水準です。手数料は積み重なることで多大なコストとなるため、できるだけ抑えるのが基本となります。

Tポイントやdポイントに対応しており、貯まったTポイントで商品を購入することもできます。普段TSUTAYAやウェルシアグループなどTポイントが貯まる環境にある方におすすめです。

また、投資信託の保有額に応じてポイントが付与されるのもおすすめポイントのひとつです。投資信託を購入して放置しておくだけで、投資信託の利益とは別にポイントを受け取れます。

楽天証券

おすすめポイント
・楽天経済圏の還元率アップ
・貯めた楽天ポイントで投資ができる

楽天経済圏を中心に多くのユーザーを囲い込んでる楽天グループ。楽天証券を使用して株式等の購入を行うことで、楽天市場でのポイント還元率がアップします

また、貯まった楽天ポイントで投資信託が購入できるのもポイントです。楽天市場での買い物や、楽天カードの利用に応じて、多くのポイントを獲得できるため、それらを無駄な買い物に使うのではなく、効率よく資産運用に回せます。

自己資金を投資に回すのが怖い初心者の方でも、貯まった楽天ポイントを使って投資ができるため、金銭的な損失のリスクを抑えた投資が可能です。

まとめ

新NISAは、つみたて投資と成長投資に分けられます。それぞれにメリット、デメリットがありますが、両者を並行して取り組み、安定した資産を築くことが大切です。

不景気に負けず自己防衛するためにも、投資の知識を身につけ、お金に余裕のある生活を目指しましょう。

投資
スポンサーリンク
シェアする
runkunをフォローする
サラリーマンランナーのランニング講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました