NISAの始め方と買い方を実際の画面を用いてわかりやすく解説!

スポンサーリンク
投資
アフィリエイト広告を利用しています。

「NISA」「つみたてNISA」という言葉をよく耳にします。しかし、興味があっても何から始めていいのか、何をすればいいのかわからない方も多いことでしょう。

そこで今回は投資初心者に向けて、NISAの始め方について簡単にわかりやすく解説します。

悩み,疑問

・NISAって何?
・何から始めればいいの?
・どうやって買えばいのかわからない

この記事でわかること

・NISAとは
・証券口座の開設方法
・投資商品の買い方

記事の執筆者
大手保険会社に勤務し、FP資格を取得
生活に役立つお金の知識と、趣味のランニングについて解説しています。
初心者でも理解しやすいよう、専門用語はなるべく使わず、簡単に解説します。
あおすけ
あおすけ

NISAってどうやって始めるの?

スポンサーリンク

NISAとは?

NISAとは株式投資における非課税枠を指しています。

通常、投資で得た利益には20%の税金がかかりますが、NISAを使うことで税金が免除される仕組みです。

つまりNISAとは、特定の商品を指しているのではなく、「税金免除の仕組み」を指しているのです。

あおすけ
あおすけ

NISAはお得なんだね!

NISAは2種類ある

現状のNISA制度は2種類に分かれています。それが「一般NISA」と「つみたてNISA」です。これらはどちらかを選択する形になり、両方を選ぶことはできません

投資する方のニーズによって使い分ける必要があるため、まずはそれぞれの特徴を理解しておきましょう。

一般NISAつみたてNISA
購入タイミングいつでも可毎月自動積立
年間投資上限額120万円40万円
非課税期間最長5年間最長20年間
対象商品株式,投資信託,海外ETF等証券会社が定める投資信託
解約タイミングいつでも可いつでも可
あおすけ
あおすけ

どっちがいいのかな?

一般NISA

一般NISAは年間120万円と、つみたてNISAに比べて大きな限度額が設けられています。つまり、年間120万円までの購入であれば、利益にかかる税金は免除されます。

また、一般NISAの対象になっている商品は投資信託だけでなく、個別株式や海外ETFも対象になっているため、投資により広い選択肢を持たすことが可能です。

年間40万円以上投資をする予定がある方や、投資信託だけでなく、個別企業の株式などにも投資をしたい方におすすめです。

つみたてNISA

つみたてNISAは年間40万円と、一般NISAに比べて限度額が少ないものの、非課税期間が20年間と長く設定されています。

投資対象は投資信託のみであり、特に専門知識がなくても手軽に投資を始められ、安定したパフォーマンスが期待できます。

一度設定してしまえば、その後は特に何もすることなく投資が継続されるため、投資初心者や普段忙しい方におすすめです。

 

スポンサーリンク

準備するもの

NISAを始めるためには証券口座を作る必要があります。そのためには事前に準備しておかなくてはならないものがあります。

準備するもの
・顔写真付きの本人確認書類(持っていない場合は、証券会社の指定する本人確認書類)
・マイナンバーカード

証券口座の開設には本人確認書類が必要で、NISA口座の設定にはマイナンバーカードが必要です。

マイナンバーカードは本人確認書類と兼ねることができるため、マイナンバーカードを持っている方は、その他に準備するものはありません。

あおすけ
あおすけ

マイナンバーカードだけあればいいのか!

証券口座を開設

マイナンバーカードが手元にあれば5分〜10分程度で口座の開設申請は完了します。ネットで手続きをしてから1〜2週間程度で書類が届き、開設手続きが完了します。

どこの証券口座を使うか迷う方も多くいますが、初心者におすすめなのは、SBI証券か楽天証券です。どちらを選ぶかは生活スタイルによっても異なるため、自分に合っている方を選びましょう。

SBI証券と楽天証券、それぞれの特徴についても解説しているので参考にしてください。ここではSBI証券を例に解説していきます。

口座開設画面に入ったら個人情報を入力していきます。


特定口座は「開設する」を選択しましょう。特定口座を開設することで、株式売買に関する確定申告が不要になります。


つみたてNISA」か「一般NISA」好みの方を選択しましょう。


住信SBIネット銀行の口座開設も同時に行うことで、ネット送金がしやすくなるためおすすめです。


ネット銀行に抵抗があり、手元にキャッシュカードを置いておきたい方にはSBI新生銀行もおすすめです。


ポイントサービスに申し込むことで投資をしながらポイ活も行えます。普段ためているポイントがあれば選択しましょう。なければ再投資に使えるTポイントがおすすめです。


内容を確認して次の画面に進みましょう。


ネットで口座開設を選択することでスムーズに開設手続きが進められます。

あとは本人確認書類を送信して、口座開設の手続き完了を待つだけです。おおむね1週間〜2週間時間を要します。

あおすけ
あおすけ

10分くらいでできそう!

商品を購入する

証券口座の開設手続きが完了したら、あとは商品を選んで購入するだけです。一般NISAであれば株式や投資信託、海外ETFから好きな商品を選び、つみたてNISAであれば証券会社によって選抜された投資信託の中から商品を選びます

一般NISA
・年間120万円の限度額内で好きな商品を好きなタイミングで購入

つみたてNISA
・年間40万円の限度額内で、決められた選択肢の中から商品を選ぶ
・毎月自動的に積み立てられる

一般NISAの買い方

ホーム画面上部(赤枠)に商品名を入力します。具体的な商品が決まっていない場合は黄色い枠から商品の種類を選択し、購入する商品を選びます。


商品が決まったら購入方法(赤枠)を選択します。


重要事項を確認して次に進みます。


「NISA預り」を選択して、購入金額を入力しましょう。取引パスワードを入力して、最終確認後、購入完了です。

あおすけ
あおすけ

簡単に買えるんだね!

まとめ

NISA枠を使うことにより、本来であれば払わなくてはいけない税金を非課税にできます。ただ、投資はあくまで自己責任であり、安定した成績を上げるためには長期間の投資が必要になります。

まずは生活に支障をきたさない少額から始めて、徐々に慣れていくのがおすすめです。

投資
スポンサーリンク
シェアする
runkunをフォローする
サラリーマンランナーのランニング講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました