iDeCoにおすすめの銘柄3選!証券会社でラインナップは異なる!?

スポンサーリンク
投資
アフィリエイト広告を利用しています。

iDeCoでは、いくつもの投資信託の中から1つの銘柄を選んで投資します。しかし、どれも似たような名前をしており、何が違うのかが分かりづらい現状です。

そこで今回は、損をしないための投資信託の選び方と、おすすめの銘柄について解説します。これからiDeCoを検討している方はぜひ参考にしてください。

悩み,疑問

・iDeCoとは?
・どの銘柄を選べばいいの?
・おすすめの銘柄は?

この記事でわかること

・iDeCoの概要
・iDeCoのメリット、デメリット
・iDeCoにおすすめの銘柄

記事の執筆者
大手保険会社に勤務し、FP資格を取得
生活に役立つお金の知識と、趣味のランニングについて解説しています。
初心者でも理解しやすいよう、専門用語はなるべく使わず、簡単に解説します。
あおすけ
あおすけ

iDeCoでは何の銘柄がおすすめ?

スポンサーリンク

iDeCoとは?

iDeCoも NISAと同様に運用益は非課税です。それに加えて、払った金額が所得控除として扱われるため、節税効果もあります。自営業や会社員などによって掛金の上限が設けられており、かけた金額が所得控除の対象となります。節税をしながら将来に向けて資産形成ができるお得な制度です。

iDeCoの節税シミュレーション(SBI証券)

iDeCoの特徴
・払った金額が全額所得控除
・運用益が非課税

あおすけ
あおすけ

所得控除になる分NISAよりお得かも!

 

スポンサーリンク

iDeCoのメリット

iDeCoは国が用意している年金の補完制度であるため、いくつものメリットがあります。ただ単に現金で貯金するよりも、効率よく資産形成ができるため、メリットを理解して制度をうまく活用しましょう。

運用益が非課税

通常投資で得た利益には約20%の税金がかかりますが、iDeCoで得た利益については非課税になります。本来であれば税金で引かれる分も再投資されるため、より大きく複利の効果が働きます。

利益に対する課税がないのは非常に大きなメリットと言えます。

あおすけ
あおすけ

税金がかからない分、資産運用のスピードが大きくなる!

掛金が所得控除

iDeCoで支払った掛金は全額所得控除となります。運用益が非課税である点はNISAとiDeCoで共通ですが、掛金も控除の対象になるのはiDeCoのみのメリットです。

仮に月に23,000円支払っている方の年間節税効果は8万円程度であり、その効果の絶大さが伺えます。掛金を所得控除にしつつ、運用益も非課税になるため効率よく資産運用が行えます。

あおすけ
あおすけ

所得控除はかなりありがたい!

受け取り時の税金優遇あり

iDeCoで貯めたお金は3種類の受け取り方から選べます。1つ目の方法が一時金として受け取る方法、2つ目の方法が年金形式で受け取る方法です。3つ目は1,2を組み合わせた方法です。

一時金で受け取る場合には退職所得控除の対象になり、年金で受け取る場合には公的年金控除の対象になります。どちらにせよ大きな税制優遇を受けられるため、貯めたお金を受け取るときにもメリットがあるのです。

あおすけ
あおすけ

受け取るときも優遇されるんだね!

 

スポンサーリンク

iDeCoのデメリット

iDeCoは税制優遇の面で大きなメリットがありますが、デメリットも存在します。デメリットを理解せずに始めてしまうといざお金が必要なときに困ってしまうこともあるため注意が必要です。

デメリットを理解して安定した資産形成を目指しましょう。

あおすけ
あおすけ

どんなデメリットがあるのかな?

元本割れリスクがある

iDeCoは投資商品であることから、元本割れのリスクがあります。せっかくお金を貯めたとしてもリーマンショックやコロナショックなど金融危機は避けようがありません。万が一のときでも人生が狂わないように、生活防衛資金を確保した上で投資を行う必要があります

あおすけ
あおすけ

暴落は怖い…

原則60歳まで引き出せない

iDeCoは年金の補完を目的とした制度であるため、原則60歳以降でないと引き出せません。もしも緊急でお金が必要になったとしてもiDeCoで貯めている部分は当てにできないので注意しましょう。

あおすけ
あおすけ

お金が引き出せないのは辛い…

 

スポンサーリンク

ラインナップは証券会社によって異なる

iDeCoは、1つの投資信託を選んで積み立てていく投資です。投資信託であればなんでもいいわけではなく、あらかじめ金融庁の承認を得た銘柄が対象となります。ただ、証券会社によってiDeCoの対象となる投資信託は異なっており、同じ証券会社であってもNISAと iDeCoで取り扱いが異なる場合もあります。

そのため、積み立てをしたい銘柄がiDeCoの対象になっているのかを確認しなくてはなりません。もしも対象でない場合は、目的の投資対象に近い銘柄を選ぶか、新たな証券口座の開設を検討しなくてはなりません。

あおすけ
あおすけ

何でもいいわけじゃないんだね!

投資信託の選び方

iDeCoで購入できる投資信託は、どれも金融庁の承認を得ているものになりますが、中には手を出してはいけない商品もあります

コンビニで売っている食べ物だからといって全てが安全であり、妊婦や乳幼児が食べていいかというと、そうではないのと同じです

そのため、投資信託を選ぶ際の基準を知っておく必要があります。

あおすけ
あおすけ

慎重に見極めよう!

インデックスファンドを選ぶ

投資信託は主に「アクティブファンド」と「インデックスファンド」に分かれます。アクティブファンドとは、専門家が金融商品の売買を繰り返して大きな成果を狙うものです。インデックスファンドとは、市場の平均的リターンを狙う、どちらかというと消極的なものです。

大きな成果が期待できるアクティブファンドの方が、消極的なインデックスファンドよりも優秀に思えますが、数年単位の長期で見た場合のリターンはインデックスファンドの方が優れていると分かっています。

そのため、iDeCo投資信託を購入する場合はインデックスファンドを選びましょう。実際の画面を用いた購入方法についても解説しているので参考にしてください。

あおすけ
あおすけ

長期投資をするならインデックスファンド!

インデックスファンドの見分け方

インデックスファンドかアクティブファンドかを見分けるポイントは非常に簡単です。

商品名に「インデックスファンド」と入っているものもあれば、商品の説明欄に「インデックスに連動」や「指数に連動」と記載されています

手数料の低い投資信託を選ぶ

投資信託は、自身のお金を専門家に預けて運用してもらうため、預ける額に応じた手数料が発生します。手数料は投資におけるコストになるため、できる限り低く抑えなくてはなりません。

年間たった1%の手数料だったとしても、長期間運用することで莫大な金額になるため、手数料の低い商品を選びましょう。

手数料(信託報酬)は商品の説明欄から確認できます。目安としては年間0.1%前後の商品を選びましょう。

左:SBI証券 右:楽天証券

あおすけ
あおすけ

手数料は最小限に抑えよう!

 

スポンサーリンク

iDeCoにおすすめの投資信託

iDeCoは長期積立投資を前提としている制度のため、銘柄選びが非常に重要です。少しの違いが将来の大きな差に変わるため、慎重に選びましょう。上記の銘柄選びのポイントを踏まえた上で、SBI証券と楽天証券で取り扱っている銘柄を紹介します。

あおすけ
あおすけ

どの銘柄がいいんだろう?

SBI証券でおすすめの投資信託

信託報酬純資産(百万円)投資対象
eMAXIS Slim 全世界株式
(除く日本)
0.1133%以内298,771全世界株式
eMAXIS Slim 米国株式
(S&P500)
0.09372%以内2,518,149S&P500
eMAXIS Slim バランス
(8資産均等型)
0.143%以内214,547(注)

(注)国内株式,国際株式,国内債券,国際債券,国内REAT,国際REAT,その他にバランスよく分配

楽天証券でおすすめの投資信託

信託報酬純資産(百万円)投資対象
楽天・全世界株式インデックスファンド0.195%335,743全世界株式
楽天・全米株式インデックスファンド0.162%1,070,290全米株式

まとめ

iDeCoは長期の積立投資を前提とした制度であるため、銘柄を選びが将来のお金に大きく影響します。安定した資産を築くためにも、慎重に銘柄を選ばなくてはなりません。

投資
スポンサーリンク
シェアする
runkunをフォローする
サラリーマンランナーのランニング講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました